アメリカの空港の荷物検査はとても厳しいの?体験してきたよ!

海外旅行

羽田空港や成田空港でも荷物検査はありますが、アメリカの空港の荷物検査は結構厳しいんですよ。


こんにちは♪
桃子です(‘∀’●)


飛行機に乗って旅行をする時に必ず行われる「荷物検査」
カバンから一々荷物を出して、めんどくさいですが「私は怪しい者ではないですよ~」と証明をしないといけませんよね。


荷物検査は日本の空港だけではなく世界中で行われていますが、(今あなたがこの記事を読んでいるこの瞬間にも)アメリカの荷物検査って結構厳しいです。


うわ~日本と違う!と驚いた部分が沢山あったので、これからアメリカ旅行を考えているかもしれないそこのあなたに伝えていきますね♪

スポンサーリンク

アメリカの空港の荷物検査は厳しい?

一言で言うと厳しいです。
きっと過去にテロが発生してから、余計に厳しくなったのではないでしょうか。


日本(成田空港と羽田空港ですが)の空港での荷物検査との相違を話していきますね!

日本の手荷物検査の場合は・・・?
①中身が入っているペットボトルは持ち込みが出来ない
(手荷物検査を済ませた後に購入するペットボトルの持ち込みはOK!)

②危険物(ハサミとかナイフとか)の持ち込みはダメ!

③手荷物検査の際に、パソコンやスマホ、ガラケーといった電子機器は事前にカバンから出して別のカゴに入れる

④金属の付いたベルトは外す。

⑤手荷物を持たずに、ゲートをくぐって「ピーピー」と音が鳴らなかったらそのまま荷物を回収~。
(音が鳴ったら、再検査。終わったら荷物を回収~)



ザッとですが、成田空港や羽田空港での荷物検査はこんな感じです。
手荷物から電子機器系をカバンから出して、カゴに入れるのがモタモタしちゃうくらいで、検査自体は(並ぶ時間を除いて)1分も掛かりません。


では・・・アメリカの場合ですが。

①まず、靴を脱ぎます。
サンダルだろうが、ブーツだろうが、下駄だろうが、靴を脱いでカゴの中に入れます。
桃子
(相棒風に)はい~?(゚д゚)
②次に、カーディガンやパーカー等の上着を脱ぎます。
靴と同様にカゴの中に入れます。
桃子
Oh・・・!
③スマホやパソコン等の電子機器をカバンから出してカゴに入れます。
ここは日本とおんなじです。

④飲みかけのペットボトルの持ち込みは厳禁です。
危険物の持ち込みも出来ません。

桃子
ハサミ等の危険物を手荷物検査で持ち込んでみた・・・なんて命知らずな事はしていません(`・ω・´)キリ
日本だと没収程度ですけど・・・アメリカだとどうなるんでしょうね・・・?(笑)

ちなみに、アメリカ国内線・国際線供にやり方は同じです♪
靴や上着を脱いで、靴と上着も手荷物検査に回されるのが日本と違う所になります・・・


が!


まだまだ、アメリカの手荷物検査は厳しいです。
身体チェックも厳しかったので、荷物をカゴに入れてからスムーズに行っても5分以上掛かりました。
が、ここで私はとある荷物で引っかかりました。


何の荷物で引っかかったのか!?は次のお話をどうぞです♪

アメリカの空港で引っかかる手荷物は?

初めてのアメリカの空港で、ビクビクとおびえる子ウサギのように手荷物検査を受けた桃子さんでしたが、とある荷物で引っかかってしまい、5分ほどで終わる検査が30分以上も拘束されてしまいました。

桃子
あっ、危ないお薬で引っかかった訳じゃないですよ!!
そこは誤解しないで下さいね!

何の荷物で引っかかったかというと・・・アメリカで買ったお菓子です。


お菓子・・・?嘘だ~と思ったかもしれませんが、本当なんです。
私は手荷物で持っていたアメリカのお菓子で、30分以上も再検査で手荷物検査所にずっといたんですよ。


日本だと持ち込み不可の食べ物は飲みかけのペットボトルくらいですが、アメリカの場合は違うんですね。


たかがお菓子、されどお菓子。
お菓子の成分に、牛肉成分(粉末状の?牛肉成分だったかな)が含まれている物は即没収されます。


と私の知り合いが実際に体験していて教えてくれたのですが、お菓子の成分をかなり見られます。


私がその時買っていたのは、チョコレートと粉末のココアに紅茶のティーパックで、お土産を旅行用の大きなカバンに詰め込んでいたんですね。


電子機器はカバンから出しましたけど、まさかお菓子が引っかかるなんて知らなかったので、お菓子はカバンに入れたまま手荷物検査に出しちゃったんですよね。

桃子
たかがチョコレートだけど・・・もしかしてその中に怪しい薬が入っていたりするの!?!?!
とドキドキしながら、手荷物再検査になったわけです。
空港の手荷物検査員が、見た事もないような機械でチョコレートの箱を1つ1つ調べていきます。


その姿を、ただ見守る私達。
不安すぎて、「中に麻薬が仕込まれていて(知り合いの家に泊まったのに(笑))私と旦那さんは警察に連れて行かれて・・・日本大使館!!」なんて馬鹿な事を考えていました(笑)
で、お菓子の箱を全部調べられて・・・結果は「持って行ってよし」と英語で言われたので、無事に手荷物検査を通過しました。


手荷物検査で時間をくったので、飛行機の搭乗時間がぎりぎりになってしまいました。
こんな事もあるので、手荷物検査は早めに行った方がいいですよ( ;´Д`)


スポンサーリンク

アメリカで買ったお菓子はどうしたらいいの?

上記では、アメリカで買ったお菓子を手荷物で持って行った事で、検査に引っかかり搭乗時間ぎりぎりになってしまった話でした。


私がこのお菓子問題で引っかかったのは、アメリカ国内での飛行機移動の時だったんですね。
(サンフランシスコ空港からロサンゼルス空港に行く時の出来事でした)


では、日本に帰国する時はアメリカのお菓子達はどうしたか?
お土産で買ったアメリカのお菓子達は、トランクに全て詰め込みました。


入らなくなった洋服や上着は折りたたみバッグに詰め替え直して、とにかくお菓子達はトランクに詰めて鍵を掛けました。


トランク用のベルトがあったらトランクに鍵を掛けたら、しっかりベルトで固定した方がいいですよ♪


私のトランク様のベルトは、アメリカ国内の移動の際に、ロサンゼルス空港で消えてしまいましたけどね・・・ははは→アメリカの国内線を利用したらまさかの物がなくなった件について。


トランクに入れたお菓子達は、トランクの重量オーバーにならない限り全部持ち帰る事が出来ました(*´∇`)やったね!


トランクに入らない!
どうしても、手荷物でお菓子を持って行かないと行けない場合は、カバンからお菓子を全て出して(箱からは出さなくてもOKですよ)手荷物検査に全て掛けてしまいましょう。


私がアメリカの国内線で、手荷物のお菓子に引っかかったのはカバンから出さなかったのも要因なので、どうしても・・・どうしても手荷物でお菓子を持って行かないと行けない場合は、カバンから出してしまいましょう!

アメリカの空港の手荷物検査は厳しいの? まとめ

今回は、アメリカの空港の手荷物検査についての話でした、


アメリカの検査は日本と違う事もありますが、何も怪しい物は持っていないわけですし、少し時間は掛かりますが、あなたなら手荷物検査は通りますので安心して旅行に行って来て下さいな!


それじゃ~
またね(‘∀’●)


スポンサーリンク

\桃子に一言どうぞ/

タイトルとURLをコピーしました