母の日にカーネーション以外の花を贈っても大丈夫?オススメは?

日常生活

毎年毎年・・・馬鹿の一つ覚えの如く、母の日にカーネーションを贈っているけど、贈る側も飽きてきたし貰う側も「またカーネーションか」と思っている。


こんにちは♪
桃子です(‘∀’●)


毎年「母の日」にカーネーションを贈っていませんか。
母の日=カーネーションっですもんね。


ですが毎年毎年カーネーションだなんて、「なんだかつまんない」と思っていませんか。

桃子
実際、
母にカーネーションを贈る度に、
母から「今年もか」とぼそっと言われちゃった事があります。

実の親子だからって・・・がーん(´;ω;`)と思いつつも
そりゃそうだよな~とも思っちゃいました。

私だって、毎年同じ物を貰ったら・・・正直飽きちゃいますよ(笑)

でも、母の日だからカーネーションではなくて、何か特別な「お花」は贈りたい!
そんな貴方に伝えたい話しです。

スポンサーリンク

母の日の花はカーネーション以外でもいいの?

母の日に贈るのは「カーネーション」が定番ですが、カーネーション以外の花を贈っていいのか・・・悩んでしまいますよね。


で、ついつい花屋業界に踊らされて、ついついカーネーションを買ってしまう・・・なんて事もあるかもしれません。


ですが、母の日=カーネーションという決まりはなくて、カーネーション以外の花を贈っても構いません(´∀`*)


あなたはどうしてお母さんにお花を贈るんでしょうか?


母の日だからなんとなく?
あなたが、実は花屋業界の回し者だから?


違いますよね~(;・∀・)回し者って(笑)
「お母さんいつもありがとう」と、母親に毎日の感謝の気持ちを込めて花を贈るんですよね。


カーネーションじゃないとダメではなく、「あなたの気持ち」が込められていれば、カーネーション以外でもいいんですよ♪

桃子
あっ!
どんな花でもいいかと言ったら、そうではないんですよね(;・∀・)
お花に込められている「花言葉」を気にしながら贈る花を選ばないといけないんですよね~。

カーネーション以外でオススメの花は?

カーネーション以外にも、母の日にぴったりの花は沢山あります。
ではオススメの花を紹介・・・と言っても、沢山紹介された所で、「結局どんな花がいいのよ?」と迷ってしまいますよね。


なので、オススメしたい花達の中から、その中でも桃子がオススメしたいお花を紹介させて戴きます。


桃子がオススメしたい花はずばり「胡蝶蘭」です。
胡蝶蘭はこんなお花です。



胡蝶蘭はざっくりですが、お店の新装開店や、新規事業の時、家を新築したよ!おめでとー!って時など「新しい事」を始まる時に贈るおめでたい花として有名です。


新しい事を始める時に贈る花って・・・おいおい!贈る相手は、母の日の主役である「お母さん」であって、お母さんは「お店」やってないし、家も新築するほど余裕ないですけど!!って思うかもしれません。


ですが、胡蝶蘭はそれこそ新しい事を始める時に贈る花ではありますが、胡蝶蘭自体の花言葉は「幸福が飛んでくる」「純粋の愛」と言われています。


純粋の愛・・・なんて母の日にぴったりなんでしょう(´∀`*)
カーネーションの花言葉も「純粋の愛」なので、カーネーションの変わりに選んでも申し分ないです♪


また、胡蝶蘭の花の色によっても花言葉が変わってきます。
母の日にぴったりの胡蝶蘭の色は「ピンク」です。


ピンクの胡蝶蘭は、お手頃な値段で手に入りやすいですし、ピンクの胡蝶蘭の花言葉は「あなたを愛しています」です。


大人になっても、お母さんをいつまでも想う・・・素敵な事じゃないですか(´∀`*)
ピンクの胡蝶蘭はオススメです♪

スポンサーリンク

鉢植えと切り花はどちらがいい?

母の日に贈る花は、「鉢植え」と「切り花」の2種類がありますね。
どちらがいいか・・・悩んでしまいますよね。


鉢植えか切り花は、はっきり言いますと「お母さんの好み」次第です。
私の母は、

切り花で貰っても花瓶がないからな~。
鉢植えで貰えると嬉しいわよね~。

と、花を贈った後に、また桃子泣かせ(´;ω;`)な発言が・・・(笑)
なので、花の手入れを普段からしているお母さんなら、切り花でもいいかもしれません。


が、私の母のように、普段お花に疎くて、母の日くらいしかお花を貰わない場合は「鉢植え」で贈ってもいいかもしれません♪

母の日の花はカーネーション以外でもいいの? まとめ

今回は、母の日にカーネーション以外に贈る花の話しでした。
少しでも、あなたのお役に立てれれば嬉しいです♪


それじゃ~
またね(‘∀’●)

スポンサーリンク

\桃子に一言どうぞ/

タイトルとURLをコピーしました