一人暮らしにベッドは必要?ベッドのメリットとデメリットは?

日常生活

引っ越しシーズンで悩むのが「ベッドは必要かどうか?」ではないでしょうか?


こんにちは♪
桃子です(‘∀’●)


春は引っ越しシーズンですね。
私も職場が決まって、すぐに引っ越し準備をして、その期間はバタバタしたものです(´∀`*)懐かしい。


で、部屋も決まって一人暮らしに必要な物も買っていく中で「ベッド」を買うか買わないか悩みませんか?
今回はベッドを購入するメリット・デメリットについてを私の経験談を踏まえて話していきますね。


あなたの参考になれば嬉しいです(*’ω’*)

スポンサーリンク

一人暮らしにベッドは必要なの?

一人暮らしで自分の生活で必要な物を揃えていきますが、「ベッド」は買った方が
いいのか考えちゃいますよね。


実家ではベッドで寝ていたという場合は、なおさら一人暮らしでもベッドで寝たいな~と考えますよね。


ベッドを買うかどうかは、あなたが住む部屋の大きさによって変わってきます。
私は①5.5畳一間②6畳一間③8畳一間に一人暮らしをしていた事がありますが、ベッドがスムーズに置けたのは、③の8畳一間の部屋だけでした(;´∀`)


その時の出来事を書いていきますね。
ちなみに当時のベッドはセミダブルベッドで、シングル用よりも少し大きめのベッドです。

5.5畳一間の部屋とベッド

①の5.5畳はベッドを置いたら、あとはテーブルとテレビしか置けない・・・!
本棚やスチールラックは置けない!!


と、「一泊の値段は高いのに、何故か部屋は狭い何処かのビジネスホテルですか・・・?」と思ってしまうくらいの狭さになります。


1日・2日なら我慢できる広さですが、いつ引っ越すまでずっと住み続けないといけないので、この「毎日がビジネスホテル暮らし♪朝食バイキングはないの♡」的な部屋の狭さはなんだか精神的に辛いなと、結局ベッドを実家に送り返しました。


ベッドさんさようなら、こんにちはお布団さんの生活でした。

6畳一間の部屋とベッド

次は②6畳一間の部屋でしたが、ベッドを置くと、上記の5.5畳よりはまだスペースの余裕がありましたが・・・この時、桃子はどうしてもある物を置きたかったんですね。


それは「本棚」なんですね。
本が大好きな事と、仕事上本をよく読んでいたので、少し大きめの本棚を起きたかったんですよね。


でも、6畳の部屋にドーンとベッドが入ったら、あとはテーブルとカラーボックスとテレビくらいしか配置できなかったんですよね・・・。


本棚かベッドか。
仕事か睡眠か、やりがいか人間の三大欲求の1つかを選んだ結果・・・、ベッドは再び実家に送り返しました。


さよならベッドさん、こんにちはお布団さんの生活が再び始まりました。


ちなみに、この時住んでいた部屋は1階だったんですが、布団を干す場所(ベランダ的な)がなくて、それでも布団を天日干ししたくて四苦八苦した事があります。
そんな体験談の記事もあるので一緒にどうぞ♪

8畳一間とベッド

最後に8畳一間の部屋ですが、この時は無事にベッドも設置することが出来て、本棚も置く事が出来ました♪
部屋が広い方が、ベッドもスムーズに置けるんですよね(*’ω’*)


私の一人暮らしのベッド事情はこんな感じです。
でも8畳の部屋に住んでいた時も布団が恋しくなって、結局は布団にしてベッドは処分してしまいました(;´∀`)

ベッドを置く時のメリットは?

一人暮らしでベッドを置く事の「メリット」はしっかりと存在しています。
ベッドを置くメリットは、ずばり「風通しがいいのでカビが繁殖しにくい」だと私は思っています。


特に1階の部屋はそうなんですが、部屋の方角によっては、床に湿気が堪りやすいんですよね。


床に湿気が堪るとカビが繁殖します。
カビが繁殖すると、そのカビを毎日知らず知らずに吸ってしまいます。
カビを吸い続けると、体に害が出てきてしまいます。


床に布団を敷いて寝ると、体内の汗や空気場の水分がたまって、翌朝「うわー!」とびっくりするくらいカビが繁殖します。
(これは布団のデメリットでもあるんですよね)


ベッドだと、部屋の床と布団の間が風通しが出来ているので、湿気はあまりできません。
(部屋の角度や条件によっては、湿気が発生する場合もありますのであしからずです)


私は、梅雨の時期は床の湿気で悩んでいた事もあったので、そんな時はベッドの方がよかったな~と思いました。

桃子
布団でも湿気が出来にくい方法に関してはまた別の機会に話しますね。

私が思うベッドを置くメリットは「湿気が起こりにくい」ですが、メリットがあればデメリットもあるんですよね。


スポンサーリンク

ベッドを置く時のデメリットは?

ベッドを置く時のデメリットってこれに尽きますよ。
とにかく掃除の邪魔!


今でも思い出しますが、いい天気の時に「よし!部屋を掃除しよう!」と珍しく意気込んで、カーペットやテーブルをどかして掃除をするんですよ。


で、いざベッドの付近を掃除する時って、なんだかベッドが邪魔に感じるんですよね。
「おまえなんでここにいるんだよ!掃除やりにくいやん!」


とクイックルワイパーがしがしと動かしながら、思わずベッドに一人ツッコみしてしまうくらい、掃除する時に邪魔に感じるのがデメリットの1つかな~と思います。


後は、引っ越しする時にベッドを処分する時に手間暇が掛かる事ですね(;´∀`)
新しい場所に引っ越しする時に家具を処分する話しはまた別の機会に話しますね~。

一人暮らしにベッドは必要? まとめ

今回は、一人暮らしのベッド事情についての話しでした。
ベッドの必要性は、部屋の大きさによって変わってくるんじゃないかなと思います。


あなたの参考になれば嬉しいです(*’ω’*)


それじゃ~
またね(‘∀’●)

スポンサーリンク

\桃子に一言どうぞ/

タイトルとURLをコピーしました