自転車に乗ると帽子が飛ばされる!飛ばされない方法はあるの?

日常生活

そろそろ日差しが強くなってきたから、帽子を被って自転車に乗ってお出かけ~と思いきや、
自動車だ!急な突風だ!風が吹いて帽子が飛ばされる!!


こんにちは♪
桃子です(‘∀’●)


夏になると、日差しが強くなって、少しでも日よけになればと「帽子」を被る事が多くなりますよね。
帽子を被って自転車に乗って買い物や、お出かけや、職場へ出勤!や様々な場所に行きますよね。


でも、帽子に乗っていると困った事が出てきますよね。
それは

①すれ違いざまの自動車から出てくる風
②急な突風!

風のせいででせっかく被った帽子が飛ばされちゃう!!


お気に入りの帽子を被って自転車に乗りたい!
ただそれだけなのに、風のいたずらで帽子が飛ばされそうになって「イライラ( *`ω´)」


今回はそんな「風が吹いても帽子が飛ばされない!」方法についての話しです♪

スポンサーリンク

自転車に乗っても帽子が飛ばされない方法はあるの?

帽子を被った状態で自転車に乗っていると、上記でも書きましたが困った事に風が吹いたら、帽子があ~れ~と飛ばされてしまいますよね(´;ω;`)

桃子
私も自転車で仕事場まで通勤していましたが、少し風が吹いた瞬間や、大型の車やトラックが横を通り過ぎた瞬間に、帽子がグイ!と風に持って行かれるんですよね!

帽子が飛ばされて道路に落ちて、そのまま来た自動車に・・・なんて事もあったので、自転車に乗っても帽子が飛ばされない方法があったらこんな嬉しい事はないんだ!(´∀`*)

風で帽子が飛ばされてしまう原因は、簡単にいうと帽子と貴方の頭の大きさが合っていないんですね。


自分に似合う帽子と自分の頭のサイズがぴったりなら問題ないのですが、そんなにうまくいく世の中じゃ~ないんですよね。


お気に入りの帽子に限って、実は自分の頭よりもワンサイズ大きいんですよね(ノД`)


で、自転車に乗っていても帽子を飛ばされない方法に、色々な種類があります。

①帽子に紐をつけて飛ばされないようにする
②帽子をやめて自転車用のヘルメットでも被っておけ!
③襟元と帽子をつなぐクリップを付ける

なんかがありますね。
でも、桃子も思うんですが(以下桃子の怒りの叫びをお聞き下さい)

桃子
可愛い帽子をオシャレに被りたいのに、紐を付けないといけないとか、自転車用のヘルメットに変更しろとか・・・そうじゃないんだよ!!

せっかく買ったオシャレで素敵な帽子を、「帽子の見た目そのままで、風に飛ばされない様にする方法」が知りたいのではないのですか?


そんな方法なんてあるわけ・・・あるんですよ(`・ω・´)
それがこの商品を使うことで実現するんですね。

この商品を使えば、帽子の見た目はそのまんまで「風になんか負けない」帽子が完成しちゃいます♪

帽子のサイズを調整するテープってどういうもの?

というわけで、上記では帽子の頭のサイズを調整するテープの紹介のみで終わってしまったので、その続きを話しますね!

このテープのいいところは、

①調整テープを、自分の好きな長さに切る事が出来て
②テープを貼り間違えても、何度でも貼り直す事が出来る(粘着力は弱くなるのでお気を付けて)
③値段もそんなに高くない!

と偉そうに言っていますが、実際にはこのテープを使った一個人の感想です(´∀`*)


ちなみに、桃子が実際にこの調整テープを使って帽子を被って自転車に乗ってみた感想は別の機会に話しますが、帽子の裏側に切って貼る事が出来るので、超お手軽に簡単に帽子の頭の調整が出来ちゃうんですね♪


失敗しても、帽子は汚れないしテープでベタベタになる事はありません♪
(あっ、ずっと帽子に調整テープを着けている状態で剥がしたら、多少べたつくかもです)


簡単にできる方法なので、貴方も是非試してみてはどうでしょうか(´∀`*)
私が実際に使用してみた話もあるので、参考にどうぞです!
自転車に乗ると帽子が飛ばされる!帽子サイズ調整テープを使ってみた

自転車に乗っても帽子が飛ばされない方法 まとめ

今回は、日よけの為に帽子を被って自転車に乗っても、帽子が風に飛ばされない方法についての話しでした。


簡単に帽子の大きさの調整をする事が出来るので、貴方も「自転車に乗ると帽子が飛ばされちゃうの・・・」という場合は、是非試してみて下さい♪


それじゃ~
またね(‘∀’●)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

\桃子に一言どうぞ/

タイトルとURLをコピーしました