特急かいじのグリーン車の料金はいくら?座席の状態は?【写真付き】

色々な観光スポット

こんにちは♪
桃子です(‘∀’●)


山梨と東京都内を行き来している「特急かいじ」ですが、特急かいじは、「普通自由席」と「普通指定席」の他に「グリーン車」があります。


グリーン車は、かいじの車両の内の8両目後ろ半分しかありません。
一両ではなく半両しかないグリーン車ですが、時間帯によっては席が全て埋まってしまうこともあるんですよね~。


それでも特急かいじのグリーン車にちょっと興味がある、どんな感じか乗ってみたい感じはありますよね(*^▽^*)


今回は、トクだ値で指定席が買えなかった腹いせに初めてグリーン車に乗ってみようじゃないか!と奮発してグリーン車に乗ったので、その乗り心地などの話をしていきますね!


スポンサーリンク

特急かいじのグリーン車の切符の料金はいくらなの?

特急かいじのグリーン車の値段ですがこちらになります。


東京都内(東京駅・新宿駅)発から山梨県内の主要駅までのグリーン切符の値段となっています(´∀`*)

駅名大月駅塩山駅山梨駅石和温泉駅甲府駅
新宿駅出発3280円
(内訳:1320円乗車券+1960円グリーン券)
5340円
(内訳:1940円乗車券+3400円グリーン券)
5670円
(内訳:2270円乗車券+3400円グリーン券)
5670円
(内訳:2270円乗車券+3400円グリーン券)
5670円
(内訳:2270円乗車券+3400円グリーン券)
東京駅出発3450円
(内訳:1490円乗車券+1960円グリーン券)
5340円
(内訳:1940円乗車券+3400円グリーン券)
5670円
(内訳:2270円乗車券+3400円グリーン券)
5670円
(内訳:2270円乗車券+3400円グリーン券)
5670円
(内訳:2270円乗車券+3400円グリーン券)
あなたの参考になれば嬉しいです♪

特急かいじのグリーン車の乗り心地は?

仕事の都合で、月一で特急かいじの指定席に乗っている桃子から、グリーン車に乗った感想を一言で申します。

桃子
もう・・・最高だ

「もう・・・最高だ」の詳細はこちらです。

グリーン車の歩き心地が違う

グリーン車に入ったら、床を歩く度に「ふわふわ」という足の感触があるんですよね。
よく見たら絨毯が敷いてあって、歩き心地がいいです(´∀`*)

椅子のクッションがふわふわ


席に到着して座ったら、椅子がふわふわです。
特急かいじの普通指定席(自由席も同じタイプのイスです)って、座ってもちょっとお尻が痛いんですよね。


ずっと同じ姿勢でいると、目的の駅(例えば甲府駅←→新宿駅)に到着する時にはお尻が痛くなる事もあるんですね。


でも、さすがグリーン車です。
グリーン車のイスにずっと同じ姿勢で座っても、お尻が痛くないんですね!


頭を支える枕もあるので、ぐっすりと寝る事が出来ますよ(´∀`*)
私も爆睡してしまいました・・・(笑)

窓が1席に1つある!

グリーン車には、1席に1つ窓があります。
普通席(自由席・指定席)では2席で1つの窓になっていて、奇数席に座ってイスを倒すと、若干景色が見にくいという問題点があります。


ですが、グリーン車は1席に1つずつ窓がついているので、奇数席の方でもイスに座って倒しても、しっかりと風景が見ることが出来ます。


ちょっと金額を上乗せすると、こんなにイスのレベルが違うんだなと感じました。

桃子
ただ・・・新幹線のグリーン車についている「おしぼり」のサービスはありません・・・。
ここは特急電車ですからね。
スポンサーリンク

特急かいじのグリーン車の切符の買い方は?

特急かいじのグリーン車の切符の買い方は、インターネットで購入する場合はこちらの記事と基本的には同じになります。



あなたの乗りたい時間の電車が決まったら、こちらの画像の「座席種別」からグリーン車を選択します。

グリーン車を選択したら、座席を指定したい場合は、シートマップで指定するを選択・クリックします。

好きな座席を選択したら、購入手続きの画面に移ります。


グリーン車の座席の切符は、みどりの窓口があるJRの駅でしたら引き取りが可能です。

特急かいじのグリーン車に乗ってみた! まとめ

今回は、特急かいじのグリーン車に乗ってみた話でした。
グリーン車に乗ると少しリッチな気分に味わえるかもしれません♪


是非一度は特急かいじのグリーン車に乗ってみてはどうでしょうか?




それじゃ~
またね(‘∀’●)

スポンサーリンク

\桃子に一言どうぞ/

タイトルとURLをコピーしました