6月のサンフランシスコがあまりにも寒すぎる!オススメの服装は?

サンフランシスコ海外旅行

アメリカ・サンフランシスコの気候と日本の気候は似ていそうで、実は全然違うんですよ・・・((((;´・ω・`)))おー寒い。


こんにちは♪
桃子です(‘∀’●)


アメリカの西海岸の方に位置している「サンフランシスコ」
雨が少なくて湿度もそこそこなので、同じ6月でもジメ~としている日本と違って凄く過ごしやすい場所ではあります。


しかし、6月だからって服装を間違えてしまうと「さ・・・寒すぎる((((;´・ω・`)))」なんて事があります。


今回は6月にサンフランシスコへ旅行した時に感じた「サンフランシスコで過ごす時の服装」についての話です♪

スポンサーリンク

6月のサンフランシスコを過ごす服装でオススメはこれ!

サンフランシスコを過ごす時に、「この格好ならまず大丈夫!」というオススメの服装はずばり

①厚手のダウンコート、パーカー
②中は半袖
③厚手のズボン

がオススメです。
スカートよりもズボンの方が、寒くなくていいですよ♪


ん?
「寒くなくていいですよ」?
「厚手のパーカー」?
「ダウンコート」?


6月のサンフランシスコって寒いの?とこの話を読みながら「???」が浮かんでいるかもしれません。


はい、そうなんです。
6月のサンフランシスコは気温の寒暖の差がものすごく激しいです。
暑かったと思ったら、ものすごく寒くなるんです((((;´・ω・`)))


涼しい~を通り越して寒いのよ。
思わず「暖かいココアをくれ!」と叫びたくなるほどなんですよ。


どうして厚手のコートがあった方がいいのかは今から話していきますね♪


スポンサーリンク

6月のサンフランシスコの気温は寒くて暑い

日本の6月って梅雨の時期でもあり、ジメジメ~として毎日雨が降っているから「湿度」が凄い高いですよね。


気温が低くても湿度が高いので、「むわ~」と「じめ~」としてますよね(;・∀・)


そんな日本と違って、アメリカのサンフランシスコは同じ6月なのに「カラッ」としていて過ごしやすいんですよ(´∀`*)


日中は25~6度以上で太陽がサンサンなのですが、湿度が低いので旅行中は汗をあんまりかかなかった印象があります(*´▽`*)気持ちいい!


日本の気候も、湿度が低くてカラッと晴れていれば過ごしやすいのに~と思いつつ、サンフランシスコの日中は暑くて気持ちいいんです。

桃子
日焼け対策で、帽子と日焼け止めは必須です!
少しでも肌を太陽にさらしていたら、すぐに真っ赤になっちゃいますよ!

とにかく6月のサンフランシスコは、日中は暑いんですよね。日中は。


そのまま夜も暑いままならいいんですが・・・どうしてなのか。
サンフランシスコの夜は日中と違ってめっちゃ寒いんです。


あんなに暑かった時間はどこにいったの?
あれ?サンフランシスコから別の場所に移動したんだっけ?


と思ってしまうくらい、サンフランシスコの夜は寒いです。
日本の気候で例えると、

朝:16~18度ほど。4月頃の関東の気温くらい。
天気は晴れているのに、気温は涼しいです。

昼:25度以上ほど。5月~6月の山梨県の気温くらい。
ジメッとしてなくて過ごしやすいです♪

夜:16~18度ほど。3月~4月頃の日本海側の気温くらい。
海風が冷たい・・・((((;´・ω・`)))
グッと気温が低くなって厚手の長袖が欲しい!



こんな感じで、何だろうな~もっと分かりやすく日本の気候で例えると、日中は沖縄にいたはずなのに、夕方から夜になった瞬間、一瞬で北海道の稚内にいた!みたいな感じです。


サンフランシスコに住む知り合いによると

サンフランシスコに観光に来た人が買うお土産で一番多いのは何だと思う?
桃子
?何ですか?
厚手のパーカーやダウンコートなんだよ(笑)
みんな薄着で来るからさ~、あまりにも気温の差が激しくて服屋で長袖を買っていくんだよね。
桃子の着ている長袖も薄そうだけど大丈夫?
桃子
大丈夫ですよ!
暖かいですし!そんなパーカーだなんて!




はい。厚手のパーカーを買いました(^ω^)
パーカーがある幸せ。


もちろん、サンフランシスコで買いました(笑)
この厚手のパーカーは、日本に帰国するまで重宝しました(*´▽`*)あったかい。


サンフランシスコの服屋さんで買った物で、一着約5ドル。
日本円にすると、約5000円!(私が旅行した時は1ドル=110円でした)


同じようなパーカーなら、ユニクロの方が安く売っているよ!(笑)
と結局高いパーカーを買ってしまうほど、サンフランシスコの気温差は激しいんです!


なので上記でも書きましたが、桃子オススメの服装は

①中は薄手の半袖を着る!
②上着は厚手のジャケットやパーカーを羽織る!

おまけに
③風が強いからスカートよりもズボン推薦!(スカートの方あんまりいなかったような)
④サンフランシスコでも、港町に近いと海風が凄いのでニット帽があると寒くなくて便利(*´▽`*)
(実際にニット帽を被っている観光客がいました!夏なのに不思議!)



サンフランシスコに持って行く荷物が多くなるかもしれませんが、サンフランシスコでは厚手の羽織り物は必須です!
「自分は寒がりじゃないから~」と思っていても、海風は舐めない方がいいですよ。


男の人も震え上がるくらいまじで寒いです。
寒さを感じないのは、現地の人くらいじゃないでしょうか(;・∀・)


とはいえ、日中は暑いので、パーカーがとにかく邪魔だったんですよ。
腰に巻いてましたが、厚手のコートで小さく収納できるタイプがあれば・・・と旅行中に何度思ったことか・・・。

こんな感じのね↑


パーカーに5000円って高すぎるよね・・・観光価格とは言え・・・高かったな~とぼやいてみます。

サンフランシスコを過ごす服装でオススメは? まとめ

今回は、サンフランシスコでの服装についての話でした。
サンフランシスコ自体は、「夏は涼しく冬は暖かい」と言われています。


ですが!
ですが!
実際には、夏のサンフランシスコは寒暖差が激しいです。
厚手の上着を持って行った方がいいです(;・∀・)


体温調節できる服装で、サンフランシスコ観光を楽しんで下さいませ♪


それじゃ~
またね(‘∀’●)


スポンサーリンク

\桃子に一言どうぞ/

タイトルとURLをコピーしました