夏に布団を干したら暑くて寝られない!干さない方がいい?対策は?

日常生活

夏場の暑い時でも、汗がたっぷり染みこんだ布団を干して、いざ寝ようとしたら布団が熱くて眠れない!!


こんにちは♪
桃子です(‘∀’●)


毎日猛暑が続いて、汗をベットベトにかきますよね~。


汗が染みこんだ布団を天日干しにして、フカフカ~になった布団でいざ寝てみたら・・・「んん?」なんだか布団が暑くてなかなか寝付けないんだけど!


なんて事ありませんか?
今回は、猛暑を通し超して酷暑が続く夏場の布団干しをした後の、お布団事情についての話です♪

スポンサーリンク

夏の時期に布団を干したら暑い!干さない方がいい?

暑い夏の日は、人間の場合大体1日に(多い人で)10リットル分もの汗をかく事もあります。
何もしなくても200リットルほど汗をかく事もあります。


連日の猛暑ですから、私達は自分が想像できない程の汗を大量にかいていつのもあるので、出来れば汗を吸収する布団をお日様の下で、干しておきたいものですよね。


ですが、炎天下の下でずっと干しておくと、フカフカの暖かい布団を通り越して、熱い熱い布団ができあがってしまいますよね!


熱い布団のまま、おやすみ~(*´∇`)と寝てしまうと、場合によっては日中に干した布団の熱で返って寝苦しくなってしまい、何度も何度も目が覚める・・・なんて事もあります。


そうなると、布団を天日干しなんてしない方がいいのか?という事になりますが、それもあんまりよくありません。

桃子
※あっ、ちなみに布団の種類によっても状況は変わってきます。
今回は綿の布団の場合で話しますね!
羽毛布団の場合はまた別の話で!

綿の布団の場合は、夏場でも太陽の下で干した方がいいです!
ですが・・・こちらの記事にも書いてあるのですが、→夏の時期に綿の布団を干すベストな時間はいつ?干す頻度は?


1日に何時間も干していると、布団の劣化は激しくなりますし、それこそフカフカを通り越して布団が熱くなってしまうのも事実です。

夏の布団を干す時間はどれくらい?

上記では、夏の日差しが強い時に干した布団が暑かった!けど、干さない方がいいのかどうかについての話でした。


やっぱり布団は汗を吸収しているので、天気が強くても布団はしっかりと干した方が良いです。


では、夏場に干しても熱くならない布団にするには、どうしたらいいのでしょうか?
答えはですね、ずばり干す時間を短縮する事です。


布団を干す時間帯を、まだ最高気温35度越えをするような日中まで干さずに、朝の10時くらいまで干しておくとかがあります。


私の場合は、よく寝坊するので(笑)朝っぱらから布団が干せないなんて事も、よくあります。
お昼の12時くらいに出す事もあるんですが、12時って太陽が照りつける一番暑い時間帯ですよね。


でも布団を出しちゃうんですよね~(*^▽^*)ははは
その時は、布団を干す時間(間隔っていうのかな)に気をつけています。


12時に布団干しをする場合は、13時(1時)前には布団を中に入れちゃいます。
本当に短時間だけ干すようにしています。


その際に太陽の光を布団にいっぱい当てて乾燥させるべく黒いビニール袋を布団の上から被せて、布団ばさみで留めて干します。


黒いビニール袋が太陽の光を吸収して、早く布団が乾燥するので30分~1時間くらいで布団乾燥が終わりになります。


フカフカ布団の完成ですよ~(*´∇`)わ~い♪


スポンサーリンク

暑い布団を冷やす方法はある?

上記では、夏場に布団を干すけど熱くならない、適温な布団にする為の桃子風工夫についての話でした。


熱々のおしぼりの様な布団ではなく、適温のぬくぬくの布団になるよとは言っても、温度なんて人それぞれ感じ方は違いますよね。
(私は熱々のおしぼりも、熱々の布団も好きですが・・・人によって熱々は苦手ですし)


適温の布団だったとしても、この連日続く熱帯夜の中で熱々の布団で眠れるか?っていったら・・・寝苦しいですよね(;・∀・)


寝苦しくて何度も目が覚めて、布団の少しでも涼しい場所に移動するって経験ありますよね。


では、フカフカに干した布団ではあるけど、就寝の時にはひんやりさせたい!場合どうするか。


私も場合ですが、エアコンと扇風機を使って布団を冷ましています。
扇風機は布団の熱を逃がしやすいように、首振りモードにして熱を逃がしています。


エアコンも直接冷風を当ててはいませんが、部屋全体が冷えるように調節しています。
私の場合は、この2つの文明の利器を使う事で、布団をひんやり~ゴロゴロ~と寝っ転がる事が出来ます♪


エアコンと扇風機じゃ物足りない!場合は、こんな商品もあるので参考にどうぞです♪

夏に布団を干したら暑くて寝られない! まとめ

今回は、夏の時期の布団事情についての話でした。


今年(2018年)は本当に熱くてたまらないですよね。
そんな暑い日が続きますが、この話が少しでも、あなたの布団での安眠に繋がる事を願っています♪


それじゃ~
またね(‘∀’●)


スポンサーリンク

\桃子に一言どうぞ/

タイトルとURLをコピーしました