車の運転で日焼けが気になる!日焼け防止対策でおススメは?

日常生活

暑い中の自動車運転、本当にご苦労様です。
そろそろ・・・自動車を運転の時の日焼け対策を考えないといけないですね( ;´Д`)


こんにちは♪
桃子です(‘∀’●)


あっつい夏の日差しの中の自動車運転って快適に見えて、実は日焼け対策をしないとびっくりするくらい、日焼けしてしまうんですよね。


今回は、夏の時期に自動車運転をする時に必要な日焼け対策についての話です♪

スポンサーリンク

自動車運転の時の日焼け対策は?

私も、山梨県という1人1台自動車がないと生きていけない土地で、毎日自動車を運転しているので、毎日の紫外線との戦いに備えて、自動車の運転をする際の日焼け対策は万全に行っています。


紫外線を避ける為の対策で、車の窓ガラスに、紫外線をカットするフィルムを貼るのもあるのですが、車体の窓をいじくると車検の関係で色々と面倒臭いので、(そのめんどくさ~い話は別の機会に話しますね)私は基本的には「自分自身で日焼け止め対策」を行っています。


では、私が仕事でもプライベートでも実際に行っている自動車運転の日焼け対策について紹介していきますね!


自動車の運転をしていて、「一番ここが焼けるな~」と感じるのは、

①右指・左指
②右腕
③右股・左股(供に上1/3)

です。
なので、この体の部分をメインに日焼け対策を行っていきます!


ちなみに「顔」ですが、西日の時は顔の右半分は焼ける可能性が高いです(笑)


ただ車で走る道路や太陽の位置にもよりますが、朝~日中はそんなに日差しが顔に当たる事は少ないです。


西日になる夕方の方が、顔が焼ける率(しかも右側)がグンと高くなります。

自動車に乗る前に日焼け止めクリームを塗る

この対策は・・・自動車に乗っても乗らなくても誰でも行うであろう日焼け対策ですね(笑)


車の運転をしていて、日差しから守ろうにも守る事が難しい指・顔は、しっかりと日焼け止めを塗っておきます。

桃子
ちなみに余談ですが、私はニベアの子供用の日焼け止めを使っています。



どうして子供用なのかって言うと、この日焼け止めは塗った後手がベタベタしなくて不快にならないので(笑)気に入っています♪
こんな話もしているので、一緒にどうぞです♪→日焼け止めを塗った後の手のベタベタを楽に落とす方法はある?



日焼け止めクリームの塗る頻度ですが、日焼け止めクリームの効果にも寄りますよね~。
営業回りで車の運転をするけど暑い中歩く事も多い場合は、汗にも強い日焼け止めを塗っておく・2~3回塗り直す事もいいと思います。

運転をする時はアームカバーは必須!

アームカバーってこんな商品です。



もうね、車の運転には必須アイテム!
仕事場に来て、自動車で外回りをする時にアームカバーを忘れた!と気づいた時の

桃子
あああああああああ!やっちまったあああ!
の絶望感は半端ないです。今の流行に乗っかるのなら、半端ないって!です(笑)


夏のアームカバーがないだなんて、例えるなら営業先で大切な書類を忘れてしまった時や、契約のハンコを忘れてしまった時の様な絶望感かな・・・。


アームカバーはしっかりと腕を守ってくれるタイプを選びましょう!


半袖付きのTシャツを着て運転するなら、多少短めでも腕を日焼けから守ってくれますが、ノースリーブで車の運転をする時は、肩の方までしっかりと守るアームカバーでないと、中途半端に焼けてしまうので注意です!


ちなみに、アームカバーは100円ショップでも売っていますが、正直・・・布生地が薄くて薄ら肌が見えます。


100円のアームカバーを使って、猛暑の中を自動車運転しましたが、なんだか右腕が焼けたな~という印象がありました。


日焼けするのが嫌だな~、職場の人に「やだ!あの人の右腕黒すぎ・・・!」って思われたくない場合は、100円ショップ以外のアームカバーを選択する事をオススメします。


自動車運転あるあるですが、どうしても右ハンドルでの運転の場合は、右腕の日焼けが圧倒的に多いです。


右腕は、しっかりと日焼け対策をしていきましょう!


私が行っている自動車運転の日焼け対策はこの2つです。
アームカバーよりもサッと羽織れるカーディガンや、首元を守るスカーフなんかも車内の日焼け対策に上げられるんですが・・・正直私は行っていません。


だって、車内の中エアコンが効いてても暑いんだもん。(;´Д`)


エアコンが効いているからって、子どもを車内に置いていって・・・嫌な事件もあるじゃないですか。


エアコンが効いてても暑いって何じゃそりゃですが、なんて言うのでしょう・・・エアコンが効いてても日差しが窓から入るので、自分の体が日差しに当たってなくても車内が暑くなるんですよね。


下手に日焼け対策でスカーフを巻いたり、カーディガン羽織ってがっちり日焼け対策!なんてすると車内で熱中症になる事も0ではないんですよね。
アームカバーを付けてるだけでも暑いのに・・・(笑)


なので、必要最低限ではあるけど暑さに負けない対策は、日焼け止めクリームとアームカバーで対応で十分かな?と思います。


車の中なら日陰になる部分もあるので、日陰を利用しながら、うまーく日差しから自分の体を守っていきましょう~。

スポンサーリンク

車の運転をする時の日焼け対策は? まとめ

今回は、夏の時期の自動車を運転する時の「日焼け」に対する対策の話でした。


日焼けって本当に悩みの種ですよね。
車の中でも日焼けするなんて・・・日焼け対策が自動で出来る、自動運転の車ならぬ自動日焼けゼロ車が未来に出来るその日まで、地道に手動で日焼け対策をしてきましょう!


それじゃ~
またね(‘∀’●)

\桃子に一言どうぞ/

タイトルとURLをコピーしました