手作りクッキーの味をキープするコツは?日持ちはどれくらい?

日常生活

大切なあの子の為に手作りクッキーを作って渡したい!
美味しく食べて欲しい、喜んで欲しいけど・・・手作りクッキーを美味しく食べられる期間ってどれくらいなんだろう?


こんにちは♪
桃子です(‘∀’●)


心を込めての手作りクッキーだなんて、いいですね~(*´∇`*)b女子力!


でも折角作った手作りクッキーがあんまり日持ちしなかったら・・・サクサク感がなくて「あんまり美味しくなかった・・・(;´・ω・`)」って言われたら、


がーん(゚д゚)作った時はいい感じだったのに!


と、こうならないように、今回は「真心と愛情を込めて作った手作りクッキーを、美味しさキープしたままどれくらい保存出来るのか?」についての話です。


この話を読めば、あなたが作ったクッキーを喜んでくれるはずですよ(*´∇`*)b

スポンサーリンク

手作りクッキーの味をキープするコツは?

さてさて、手作りで作ったクッキーを、美味しく食べられるのは、クッキーを作ってからだいたい一週間位です。


クッキーの種類にもよって、美味しさの続きは変わってきますが、型抜きクッキーだと焼いた後に味がしんみりと染みこんで、日を開けた方が美味しく頂ける事が出来ちゃいます♪


という事は、どのタイミングでクッキーを作ればいいのかしら?と思いますよね。


手作りクッキーを渡すイベントと言えば、「クリスマス」や「バレンタイン」かと思うので、この2つのイベントを例にお伝えしますね~。


例えば、今年(2018年)のクリスマスイブは月曜日なので・・・

24日月曜日のクリスマスイブにクッキーを渡したい場合
→22日の土曜日にクッキーを焼いておけば、味がしんみりした状態で24日に渡す事が出来ます♪


バレンタインの場合も同じで、2月14日にクッキーを渡す2日前~前日に焼けば、貴方の真心がこもった美味しいクッキーを食べて貰う事が出来ますよ♪


私も、お菓子作り大好きな同性にクッキーやパウンドケーキを貰った事がありますが、相手に渡す2日前に作ると、本当に味が染みこんでめっちゃ美味しいんですよね(*´∇`*)


ケーキやクッキーを食べる手が止まらなくて、まるで「やめられないとまらないかっぱえびせん」状態なんですよね~(*’ω’*)


とはいえ、市販のクッキーとは違って手作り故に「保存料」が使われていないので、一週間ほど保っても、「なるべく早めに食べきってね♪」と相手に伝えた方がいいです(`・ω・´)b

スポンサーリンク

クッキーの日持ちはどれくらいもつの?

上記では、手作りクッキーを美味しく食べて欲しいけど、味はどれくらいキープ出来るのかについての話でした♪


味が染みこんだ美味しい美味しい手作りクッキーを、彼氏さんに食べて貰いたいですよね♪


ここでは、クッキーを焼いてから渡すまでの間、愛のこもった美味しいサクサクのクッキーを「もーっと美味しく」日持ちさせちゃうコツを、貴方に伝えますね(*’ω’*)b


ではでは、美味しく作ったクッキーをそのまま保存する方法を、お伝えしていきますね♪
参考にどうぞです♪

手作りクッキーを焼いた後は冷ます事

手作りクッキーは、焼いたら最初の段階は少しフニャフニャですが、冷めていくとしっかりと固くサクサクのクッキーになっていきます。


で、その時にしっかりとクッキーを冷まさないまま袋に詰めてしまうと、クッキーに水分が入ったままですぐに腐ってしまうんですね。


なので、完全に冷まして水分がなくなった所で袋に詰めていきましょう♪

乾燥剤を使用する

お菓子を食べている時に、袋の底から出てくる「乾燥剤」
手作りクッキーにも乾燥剤(シリカゲルとも言います)を入れてOKなんですよ~!


乾燥剤が入っていれば、クッキーや袋から出る水分を吸い取ってくれるのでおすすめですよ♪


乾燥剤は100円ショップにも売っているので(100均って何でも売っているんだね!)お手軽に使えるのもいいですよね♪


ちなみに乾燥剤はこんな感じのものです。
100円ショップのではなく楽天リンクですがご参考までにどうぞです


手作りクッキーの美味しさの長持ちはどれくらい? まとめ

今回は、お手製のクッキーの美味しさの長持ちはどれくらいなのかについての話でした♪


この話を参考に、是非美味しい手作りクッキーを作って、彼氏さんに渡して下さい♪
美味しく食べて貰える事を願っています(*’ω’*)




それじゃ~
またね(‘∀’●)

スポンサーリンク

\桃子に一言どうぞ/

タイトルとURLをコピーしました